コツコツそしてドバッと

誰もが大好きなお金。
そばにずっといて欲しいのですが、あっという間にどこか遠くに飛んで行ってしまうものです。
よくお金は天下の回りもの、などと言われます。
私たちは「貨幣経済」というお金が流れている社会で暮らしていますから、やはりお金は天下の回りものなのでしょう。
お金はとても便利なので、できる限り手元においていつでも使えたら良いと思います。
でもそれがなかなかできないから、少しでもお金と一緒にいたいと思い、みなが懸命に貯めようとします。
日本人は他の国々に比べて、貯金が大好きな国民のようですね。
将来への不安を感じる人が多いから、蓄えに励むのでしょうか。
もちろん私も貯金は好きです。
しかし今は貯金をするよりも、どのようにお金を使うかを考え始めたところです。
年齢に逆行しているとは思うのですが、お金は自分がよりよく生きるために使うものではないか、と最近は思います。
というのは、自分の同級生が突然亡くなったり、知人が思わぬ事故で入院したりということが続き、人生でのお金の使い方を考え直したのです。
それまでは貯金が少ないということに劣等感がありました。
しかしあまり遊ばずに逝ってしまった同級生を思うと、遊び大好きの私は残念で仕方がありません。
自分は元気なうちに、できるだけ好きなことをしたいと思います。
そのためにお金を使うことができたら幸せだと思っています。
借金を減らしたい

大学の学食でボッチ席が流行か?

世間では何かとおひとり様用のヒトカラなどが流行っていますが、それが大学の学食まで広がっているみたいですね。
学習院大で元々は学生が増えて学食の席が足りなくなって、テーブルの中央に仕切りをつけたら、学生の利用率があがったんだそうです。
それで、1人用席として改修したら学生に人気になったそうです。
これ、何となく解りますね。
私はとっくの昔に社会人になってしまったけど、仕事柄、交代でお昼を社食に食べに行くから、基本的にボッチで食べてます。
同僚達とおしゃべりしながらお昼を食べるのも悪くないけど、休み時間くらい一人でゆっくり出来る時間がほしいなって思います。
疲れてたら10分くらい昼寝でもしたいし、スマホでメールチェックしたり自分なりのくつろぎ方ってあるんですよね。
ボッチだと大きなテーブルで見知らぬ人と相席でご飯食べるのも緊張するし、専用のボッチ席があるんなら、それを利用してみたいって思います。
学生さんはプライベートを優先する人もいるだろうから、ニーズに応じた学食っていいなと思います。

私を上げてくれる歌!

むし暑いし、汗ダラダラな夏ながらも、朝からノリノリで出社できるのは、駅までの車内で聞いていた音楽のおかげです。
もう、朝から「ゴーゴーゴー!」と、ノリノリです。
まだまだ週末までは長いけれど、無理やりにでもテンションをあげていきます。
それまでは、「夏だから」というだけで、ボサノバのCDを流していたのですが、しかし先日の甥っ子乗車により、戦隊もののCDに変わりました。
そして、甥っ子がCDを忘れて行ってしまったため、今でも流れ続けているのです。
甥っ子が持参したのは「烈車戦隊トッキュウジャー」のテーマソングのCDです。
電車がモチーフの戦隊ヒーローということで、「シュッシュッシュッ」と、なんの楽器かはわかりませんが、気分が否が応でも気分があげるような軽快なリズムから始まります。
そして、「ゴーゴーゴー!」と合いの手を入れるような節もいくつか出てきますので、朝の無理やりのテンション上げにはちょうど良いのです。
これまではカーステレオから流れるボサノバに合わせて、「暑いしだるいし働きたくもないけれど、でもね働かないと生活出来ない~♪」などと、歌っていたのですが、それよりも戦隊ヒーローでテンションを上げる方が健康的じゃあないですか!。