『変えてはダメなものほど、簡単に変えられる』という言葉にハッとさせられました。

『変えてはダメなものほど、簡単に変えられる』。
これは、横浜名物シウマイ弁当の製造元で有名な『崎陽軒』さんの社長さんの言葉です。

偶然つけていたテレビから聞こえてきたこの言葉に、私は大きな衝撃を受けました。
おいしいお弁当作りの上で大切な部分と、利益を上げるためのコスト管理のバランスを考えていく上で、箱の材質や食材をどうするのかとか、色々な事を考えている時にこういう考え方が芽生えたそうです。
変えてはダメなものは簡単に変えられるけど、変えなくてはならないものは変えるのが難しい。
これって、私も普段から忘れている事なんじゃないかな、と思いました。
難しい事案の代替え案や妥協案として簡単なものや楽な方法を選ぶ事って簡単なんですが、やりたい事のクオリティを落とさずに同じ事をしようとすると、これは相当に難しいんですよね。
例えば料理の原価を下げつつ味を落とさないようにするのは相当に難しいし、作文で1000文字でまとめるような内容を700文字くらいに減らして伝える事ってなかなか難しい筈です。
『楽をする前に、本当に知恵を絞れ』という事なのかなと思いました。
私自身、非常にいい刺激を頂きましたし、『ハッ』となった部分や、そこからこれまでのやり方をもう一度見直してみようとか、もっともっと色んな事を考えてみようと思いました。
たまたまではありましたが、こんな素晴らしい言葉に触れられて本当に良かったです。

このブログ記事について

このページは、authorが2015年9月17日 05:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏に使いたいアイライン」です。

次のブログ記事は「サバイバルゲーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10